センターニュース2007年12月号

2007年12月1日発行 通巻237号

ドクターインタビュー

外来小児科と医療過誤

うめもとこどもクリニック院長

梅本 正和(うめもとまさかず)さん

 

地域で小児医療にとりくまれている梅本正和先生に、小児医療の魅力や、事故事例を診療に生かす意義などをお伺いしました。

ききて 増田 聖子(愛知県弁護士会)

弁護士リレーエッセイ

「弁護士過疎地」は「医療過疎地」

田岡 直博(岩手弁護士会)

判決速報 その1

新生児のMRSA感染症につき、感染後の治療に過失があるとして、化膿性関節炎に対する損害賠償が認められた事例

内橋 一郎(兵庫県弁護士会)

判決速報 その2

睾丸捻転症と副睾丸炎の診断を誤った事例

伊東 秀子・田端 綾子(札幌弁護士会)

症例報告

IUGRの見逃しと転送の遅れから、子宮内胎児死亡(早剥)、母体死亡(DIC)を招いた事例

伊藤 律子(東京弁護士会)・谷 直樹(第二東京弁護士会)

嘱託日誌

大詰めを迎えた診療関連死問題

堀 康司(愛知県弁護士会)