2012年 総会記念シンポジウム報告書「医療事故調査制度を設計するために~報告と調査の現状と課題から~」

2012年5月26日開催

sympo2012.pdf
PDFファイル 8.0 MB

冊子版 価格1500円(消費税別途)

ご注文はこちらからどうぞ。

2012年 総会記念シンポジウム報告書 目次

はじめに

第1部 報告

基調報告~議論の経緯と論点の整理

医療事故情報センター常任理事 弁護士  堀 康司

1.医療事故調査制度に関する議論の経緯

2.論点整理~届出と調査

3.刑事免責の問題

医療事故情報収集等事業の観点から

日本医療機能評価機構 医療事故防止事業部リーダー  坂井浩美

1.医療事故情報収集等事業の概要

2.報告書のご紹介

3.医療安全情報のご紹介

4.事例検索機能のご紹介

診療行為に関連した死亡の調査分析事業について

日本医療安全調査機構 中央事務局長  原 義人

1.日本医療安全調査機構の概要

2.調査の実際

3.協働型調査について

医療事故調査の観点から

京都大学医学部附属病院 医療安全管理室長  松村由美

1.医療安全管理室の取り組み

2.インシデントレポート

3.事故調査委員会

法律家の観点から

宮澤潤法律事務所  宮澤 潤

医療側代理人も医療安全という目的は同じ

刑事責任をどうとらえるか

刑事罰は医療事故の再発防止に有効か

真実を明らかにするための刑事免責

交通事故と医療事故の違い

第2部 パネルディスカッション

患者からのメッセージ

パネルディスカッション

1.医療事故情報の収集について

(1)医療機能評価機構に提出された事故報告書は遺族に開示されるか

(2)医療安全調査機構へ患者側の要望で申請に至る割合

(3)医師がインシデント報告をする文化を醸成するための工夫


2.医療事故調査について

(1)外部委員と内部委員の使い分けの理由

(2)協働型による調査について

(3)患者が調査に参加することについて


3.保険会社の事故防止対策について

(1)保険会社における再発防止への取り組み

(2)保険会社の持つ情報の活用可能性

(3)合併症は医療過誤か


4.刑事免責について

(1)刑事免責がないと真実は明らかにならないか

(2)軽過失は免責でも、重過失は刑事責任を負うか

(3)刑事免責より透明性の確保が先決ではないか

(4)刑事免責は事故調査、医療安全につながるか


総括