医療過誤 鑑定書集 第27集

2016年3月1日発行 通巻第26号 価格6000円(消費税別途)

ご注文はこちらからどうぞ。

医療過誤 鑑定書集 第27集 収載事例一覧

小児科

0歳男児が、看護師がスリングで抱っこ中に呼吸停止・心停止を起こし、蘇生はしたが、低酸素脳症により重度の脳障害が残った事例【判決文併載】

外科

2

くも膜下出血に対する手術及びその後の未破裂脳動脈瘤に対する手術のいずれも不適切とされた事例

3

胸部大動脈瘤に対する人工血管置換術後に対麻痺が生じた事例

4

進行性膵臓癌の患者が膵臓摘出手術を受けたが、成人呼吸窮迫症候群等に陥って死亡した事例

5

閉塞性肥大型心筋症に対し僧帽弁輪形成術等の6つの手技を同時に行い、長時間体外循環、長時間大動脈遮断により低心拍出量症候群に罹患させ死亡に至らしめた事例

整形外科

6

当時70歳の女性患者に対して脊柱彎曲異常に対する脊椎固定術(インストゥルメンテーション手術)を行った際、患者に術後感染を生じさせた事例【判決文併載】

歯科

7

虫歯治療中、局所麻酔剤を原因とするアナフィラキシーショックにより死亡した事例

(その1)

8

虫歯治療中、局所麻酔剤を原因とするアナフィラキシーショックにより死亡した事例

(その2)

麻酔科

9

分離肺換気麻酔の不十分なモニターと、術後の胸腔ドレナージの大気開放により換気不全をきたし、低酸素性虚血性脳症を生じせしめた事例

内科

10

心筋梗塞との診断の下、メキシチール(キシロカイン)を5日間連続して投与した結果、心不全を来たし死亡した事例

11

主病変である椎骨脳底動脈内膜炎の原因疾患が特定できず、敗訴となった事例【判決文併載】

12

健康診断時に胃癌見落としがあり1年3か月後に死亡した事例(その1)

13

健康診断時に胃癌見落としがあり1年3か月後に死亡した事例(その2)

14

健康診断時に胃癌見落としがあり1年3か月後に死亡した事例(その3)

15

健康診断時に胃癌見落としがあり1年3か月後に死亡した事例(その4)

16

閉塞性動脈硬化症により足趾に病変のある患者に対し、血行再建術を検討せず、患部にラップ療法を実施した後、敗血症発症により左大腿切断となった事例

17

胃カメラ検査での胃がんの見落としについて注意義務違反が認められ、患者の死亡時点においてなお生存していた相当程度の可能性が認められた事例(その1)

18

胃カメラ検査での胃がんの見落としについて注意義務違反が認められ、患者の死亡時点においてなお生存していた相当程度の可能性が認められた事例(その2)【判決文併載】

19

採血時に刺入したままの針を動かして血管を探る行為により生じた右手小指が動かせなくなるなどの症状につき、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の罹患が認められた事例【判決文併載】